カードローンの審査基準は?審査にちないコツは?

カードローンは消費者金融や銀行が提供する無担保融資の一つで、使途が定められていないフリーローンの一種です。住宅などと違い担保がないため、金融機関も貸し倒れを防ぐために所定の審査を行います。金額も数百万円から1,000万円程度が限度額に設定されることが多く、一般に限度額が高いほどに適用される金利も低くなります。また、返済方式は残高に応じたリボルディング払いが適用されることから、毎月の約定返済日に借入残高に応じて一定の金額を返済することとなります。
上述した通り、カードローンの利用にあたっては審査を通過しなければなりません。審査基準は金融機関によって異なってくるものの、まずは安定した収入が必要となります。他にも利用できる年齢条件を満たすことや、複数の金融機関から借り入れがないかということも最低限の条件といえるでしょう。
その上で審査を通過しやすくするためのポイントをいくつかご紹介します。
まずは、申込みは1社だけにするということです。今はインターネットを通じていつでも申込みをすることができますが、同時に複数の金融機関に申込みをしてしまうと、その情報が信用情報機関を通じて申込みをした会社にも伝わり、審査を通過しにくくなります。また、限度額についても最低限で申し込むということも重要なポイントの一つでしょう。まずは約定通りの返済を確実に行い、金融機関との信頼関係を築き、必要に応じて増額することが利用を開始するにあたっての審査を通過しやすいのではないでしょうか。
参考サイト