不動産売却で赤字が出た場合

不動産を売却したからと言って必ずしも収益が出るわけではありません。時には赤字になることもあります。そんな時に必ずしなければいけないのが確定申告での控除申請です。この控除にはいくつか特例があります。
まず、マイホームの買い替えで生じた損失の場合です。これは古い家の売却益よりも新しい家の購入金額のほうが高かったことを指します。その損失は他の給与などの所得と通算可能です。そして控除しきれない場合、繰越控除も可能です。繰り越しは3年以内という条件とその他にも細かい要件はありますが、これを利用しない手はありません。
また、住宅ローンがまだ残っている状態で新たなマイホームを買った場合も同様です。住宅ローンの残高を下回る金額で売却した場合、損失が生じます。その損失を買換えの時と同様に他の所得などと通算して控除できます。そしてこれも3年間繰り越し控除が適用できます。これもその他の要件がありますので気を付けてください。例えば、適用されるためには売却年の1月1日時点で所有期間が5年以上あったことが要件になったりします。これは買い替えの時も同様です。
不動産売却を無事に終えたからと言って安心するのはまだ早いです。こうしたお得な制度を利用しない手はありません。バブルの時に買った不動産であれば、不動産売却時にプラスになることはほぼあり得ません。バブル被害者の救済措置ともいえる制度です。賢く確定申告をして手元に残るお金を増やしてください。