消費者金融の借り入れっていくらまで大丈夫なの?

現在、消費者金融からの借り入れには総量規制というシステムが適用され、申告した年収の三分の一以上のお金は借りられないことになっています。たとえば、年収が300万円であれば借りられるのは100万円までです。この金額は一社あたりということではなく、消費者金融からの借り入れの総額ということになるので、三社からそれぞれ30万円ずつ借りていた場合は、あと10万円までしか借りられないことになります。
ただ、実際の生活を考えると、年収の三分の一までであれば借りても問題ないとはいいきれません。たとえば、食費や遊興費などに加えて貸金業者への返済を加えると、毎月、赤字になってしまい、返済したらすぐにお金を借りないと生活が成り立たないということであれば、相当問題があるからです。総量規制対象外ローンや、消費者金融の広告では、必ず「ご利用は計画的に」という言葉が使われますが、借金の返済が大きな負担にならないように収入とのバランスを考えてお金を借りるようにしましょう。
では、具体的にどれぐらいまでであれば安全な借金といえるのかというと、一ヶ月あたりの返済額が自由に使えるお金でまかなえるのであれば大丈夫といえるでしょう。毎月、必ず支出していたものをやめるなど、生活費から返済しないといけないようになると危険な状況で、借金の返済を別の借金でしないと回らないということになると、かなりまずい状況といえます。返済しても結果的に毎月債務が増えていくような状況に陥った場合は、法律の専門家への相談が必要だといえます。