銀行系の借入の審査とその傾向について

よく混同されがちですが、キャッシングにおいて銀行と銀行系は別物です。
銀行は都市銀行や地方銀行などが提供するキャッシングで、カードローンと言われることもあります。
一方の銀行系とは、銀行のグループ企業の一つである消費者金融が提供するキャッシングです。
両者にはこうした違いがあるので、借入や審査の傾向にも違いがあります。

銀行系の借入は、銀行に比べると利便性が高いです。
無利息で借りられる無利息キャッシングも実施していますし、即日融資にも対応しています。
銀行のキャッシングだと、口座を開設していないと即日融資ができないこともあるので、スピード感は銀行系の大きな特徴です。
また、顧客サービスも銀行に比べると良いので、無利息キャッシングやポイントなど様々なサービス内容も充実しています。

審査の傾向については、おまとめローン銀行系は銀行に比べると基準は低めです。
銀行が正社員や公務員でないと厳しいことに対して、銀行系ならパートやアルバイトでも大丈夫とされています。
比較的審査の基準は緩いとされているので、借入をできるチャンスが多くの人にあるでしょう。

ただし、銀行系は借入をしたときに掛けられる金利が、銀行に比べると高いです。
そのため、借入をした後の負担は大きくなっているので、より慎重に利用しなければいけません。

銀行系と銀行は別物なので、様々な点で違いがあります。
キャッシングの申し込みをする前は、そうした違いを理解しておきましょう。